住まいの臭い・湿気さらにホルムアルデヒド・VOCによる”シックハウス症候群”対策に厳選かごしま産「竹炭シート・竹炭塗料」の通販ショップです!

竹炭の効能

竹炭の効能

炭にはどのような効能がありますか?

1)化学物質や悪臭を吸着し、空気を浄化します。

内装に竹炭を施工

国内では平成15年度7月より新たな規制によって、ホルムアルデヒドの発散速度を定めたF☆☆☆やF☆☆☆☆の認定の建材・施工材が販売されていますが、それ以前の建材等なども含めて、化学物質の室内濃度が指針値を超えるものが依然として存在しています。

竹炭には、これら複合的に出る揮発性有機化合物質(ホルムアルデヒド・キシエン・トルエン)などを吸着 して、分解してくれる作用があります。そして、より快適な住環境を作り出します。

*「買物かご」はこちらから

アンモニア・酢酸・ホルムアルデヒド・キシレン・トルエンの各吸着試験結果

アンモニア吸着試験
*トイレなどのアンモニアの臭気は、約3時間ほどで吸着します。VOC(揮発性有機化合物質)は、約24時間で吸着します。

酢酸吸着試験

ホルムアルデヒド吸着試験

キシレン吸着試験

トルエン吸着試験
検査機関:財団法人日本食品分析センター
*「買物かご」はこちらから

2)結露を防ぎ、快適な湿度を保ちます。

炭は、調湿機能があります。1gの炭をボックスに入れ、湿度を加えると短時間で吸湿を始めます。約1時間ごとに28.2mg吸湿し、その後放出をはじめると短時間で7.95mgまで放出します。
押入れに炭不織布4㎡を使うことにより、水蒸気を約紙コップ1杯分(243g)の調湿機能があります。
また、湿度の高い場所には、より多めの炭製品を使用することで、よりよい効果が得られます。

竹炭片 竹炭の表面 湿気吸着する竹炭クン
*電子顕微鏡で見た"竹炭の表面"(無数の微細な孔があります。)

調湿機能グラフ

*使用する場所(面積・体積)にも関係しますが、湿度を55~65%に調湿する効果があります。

調湿効果実験


3)カビや害虫を抑制します。

炭は、優れた調湿性を保ち、アルカリ性でなおかつマイナスに帯電しやすいため、ダニ・シロアリ等の害虫が住みにくい環境にします。
竹炭塗料害虫抑制をする竹炭クン

4)マイナスイオンで健康的な環境にします。

空気中の水分の一部を水素とラジカルに分解し、プラスイオンを吸着することによってマイナスイオンを増やすことになります。

*「買物かご」はこちらから
画像の説明浄化する竹炭クン

5)遠赤外線で健康な環境にします。

炭の持つ遠赤外線効果により血流が良くなり、ぐっすりと寝ることができます。また、調湿機能により夏は涼しく、冬は暖かい快適な環境にします。


6)野菜・果物の熟成と劣化を遅らせます。

野菜・果物など腐敗する時にエチレンガスが発生、また魚介類などからはトリメチルアミンが発生し、これらのガスを炭が分解するために劣化を遅らせることができます。
特に冷蔵庫の中に”炭シート”を入れると消臭・鮮度保持が可能になります
*「買物かご」はこちらから

新鮮なキャベツ腐りかけたキャベツ

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional