住まいの臭い・湿気さらにホルムアルデヒド・VOCによる”シックハウス症候群”対策に厳選かごしま産「竹炭シート・竹炭塗料」の通販ショップです!

よくある質問

よくある質問

Q: 炭の特徴は・・・

A:炭は、木炭、竹炭など素材によって多少性質は違いますが、木質系を炭化する際、微細な孔だらけになります。
この微細な孔の直径は、大きなもので1000分の1mm、小さいもので10,000万分の1mmほどです。
そしてその内部面積は1g当り 約150~300㎡にもなります。
つまり、小指の先ほどの木炭の内部表面積は30m×10mもあるということです。
画像の説明*「買物かご」はこちらから

この微細な孔が臭気ガス類の吸着や湿度調湿機能等・・の働きをします。木竹炭は、膨大な孔に外部からのエネルギー(摩擦、太陽光、電磁波、圧力等・・・)を電気や熱や電磁波に変換し、蓄える能力が高く、マイナスに帯電する要因にもなっています。

Q: 竹炭の遠赤外線効果はありますか?

A:太陽光にも含まれ、黒い物質・セラミック等・・からも放出されます。約3~1000ミクロンの波長の電磁波のことを言います。遠赤外線は、物質ではなくて電磁波と光子エネルギーという形態を持ちます。竹炭は、「遠赤外線放射物質」という表現が好ましいと思います。遠赤外線の放射率は、簡単に説明しますと、「黒体炉」に対してどれぐらいの放射率か?で示しますが、当店の炭シートでは、約98%の放射率を示しました。(分析:鹿児島県工業技術センター)

しかし、遠赤外線放射率を、高めるためには、竹炭とかセラミック等の「遠赤外線放射体」を多く含ませることよりも「製品としての形態」がもっとも重要です。とくに「竹炭の粒形・粒度」「塗布する厚さ」「塗布密度」「塗布後の平面度」等々が重要です。何故かと言いますと、上記で示した「電磁波」で考えますと、お互いの固定の振動エネルギーになったり、お互いを強めたり、弱めたりするからです。

竹炭の微粉炭を塗料として塗った場合、なぜ遠赤外線放射率が高いのかは、要因として「粒状であるから表面反射を抑える」「粒状であることから空隙がある」「多孔質である」ことも挙げられ、これは「遠赤外線放射体」であることと共に「遠赤外線吸収体」でもあることと「熱を遠赤外線へ変換する」作用にも影響があります。これは人体に有効とされる電磁波で、一般的に育成光線とも言われており「血行促進」などの効果があります。

例えば、遠赤外線のでる竹炭シートに触れた場合、皮膚温度が上昇した状態(血行促進)が続く効果は、多数実証されております。その為、健康器具(布団、枕、マット・・・)などに幅広く使用されております。

*「買物かご」はこちらから

Q: 有害物質はどれくらい吸着しますか?

A:揮発性有害化合物(ホルムアデヒド、トルエン、キシレン、等・・)及びアンモニア、酢酸を吸着します。(データ表参照)

Q: 床下に竹炭を塗った場合の調湿効果は・・・?

A:竹炭には、十分な吸着効果はありますが、常に湿度の高い場所では、飽和状態になってきます。しかし、竹炭は性質として湿度を約55%に維持しようとする調湿能力を持ち、より良い環境を作り出すことができます。

画像の説明

Q:竹炭でシロアリ退治はできますか?

A:竹炭は駆除剤ではありませんので、直接シロアリを死滅させることは出来ません。

しかし、床下炭や炭塗料を使用した場合は、床下や部屋の湿気をとることで、シロアリやダニを防ぐ効果があります。さらに、トイレの臭いや揮発性有害化合物などの分解・吸着により、シロアリやダニなどの害虫が、家の中や床下などに住みにくい環境を作ると同時に、竹炭がアルカリ性で、さらに、マイナスに帯電しやすい為に、害虫が住みにくく、人間に住みやすい環境作りをします。

Q:炭塗料の使用場所は・・・?

A:台所や部屋の壁、畳の下地板、押入れ、基礎コンクリート、土台、犬小屋など、炭塗料は高温多湿の日本の気候には、最適で、揮発性有害化合物や悪臭を分解・吸着し、シックハウス症候群対策や防カビ・防虫の予防に最適です。

*「買物かご」はこちらから
画像の説明画像の説明

Q:作業の仕方は・・・?

 A:ローラーや刷毛、吹付けなどで施工できます。塗布量は、塗布する材料により異なりますが、真っ黒な状態なるまで塗布してください。厚めに塗布されたい場所は、ローラーを使用してください。
画像の説明

Q:塗布量はどのくらいですか?

A:塗り面が木部、合板の場合、2回塗りで、1Lあたり3.3㎡(1坪)塗布できます。

 15Lプラスチック缶で50㎡ほどの塗布量を目安にしてください。*「買物かご」はこちらから

 *臭気が継続的ににある場所や犬小屋等は、重ね塗りをして多めに塗布してください。
画像の説明

Q:セラミック及びトルマリンの効用は?

A: セラミックは、シリカ(SiO2)及びアルミナ(Al2O3)を主成分としたもので低温度における水分、臭いの成分など吸着能力に優れています。

 またトルマリンは、鉱山から採掘される鉱石で、電気石とも呼ばれています。
健康面では、病気の予防・回復、遠赤外線放射によるリラックス効果、温熱効果など、環境面では、空気の浄化・水質改善など消臭除菌作用があり、竹炭の効果と共に安定的な作用があります。

Q:炭シート及び炭塗料はいつまで効果がありますか?

A: 炭シートの場合、竹炭の塗布量は、1㎡当たり 約50~70gの量になりますが、臭い、湿気、 シックハウスの原因となる”揮発性有機化合物”などを吸着する力は、塗布量の厚み(0.5mm)だけではなく、 広い面積(シートの面積)に 関係あり、たくさんの”竹炭の微細な穴”に より、いかに捕らえるかで”吸着の効果”が決まります。

 炭シートから、”竹炭粉,トルマリン・セラミック、青竹粉”が取れないかぎり、半永久的な効果が期待できます。
消臭・調湿効果をさらにアップしたいという事であれば、1年に1回程度の交換が望ましいでしょう。

*「買物かご」はこちらから
畳下への敷き方

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional